〒737-0821    
広島県呉市三条2丁目1番13号
 

看護部紹介

理念

地域のみなさまとともに成長する看護師をめざして

看護師として成長してほしいのは勿論、自分の人生を豊かにして欲しい

当院の看護は、済生会の「施薬救療」の理念を受け、看護師 として品性を持ち、社会ニーズの変化・医療の進歩発展に対応した看護を提供することを目指し、安心して入院し、退院後の生活を共に考える看護を実践しています。 地域に密着した病院として、急性期病棟と地域包括ケア病棟をもつことで、患者や家族と時間をかけて向き合える看護が実践できます。 看護師一人ひとりが自分の看護をつうじて成長し、何事にもチャレンジする気持ちを忘れず、達成感を得られる職場を作りたいと願っています。 看護師一人ひとりが自分のライフスタイルに合わせて勤務しながら、自分の人生を豊かにし、キャリアアップも目指せる病院です。


理念

患者様や家族が安心して入院できるようやさしい看護を目指します。
専門職として、自律と品性を持ち自己研磨に努めます。


運営方針

  1. 安全で質の高い看護の提供
  2. 看護の可視化、質の評価の推進
  3. 人材育成と自己啓発・研鑽の促進
  4. 業務改善と働きやすい職場づくり
  5. 病院経営への積極的参画
令和2年度は、「業務から看護への意識改革、根拠のある看護援助を安全に行う」をスローガンに、各部署原点に立ち戻って日々の看護を行っています。


教育研修

当院の教育体系

あなたが当院で学べること

  1. 急性期病院(10:1看護)で、急性期の治療・検査・看護が学べる
    ★消化器科を中心とした内科・外科治療、内視鏡的検査・手術療法が学べる
    ★高齢者特有の骨折に関連した整形外科の手術前後の看護やリハビリ
    ★がん化学療法、タームミナルケアなども

  2. 2次救急指定病院であり、救急看護が学べる
    ★基礎的な看護ケアから、挿管・人工呼吸器装着などの診療介助の技術も学べる

  3. 高齢者が多いため、老年期看護が学べる
    ★せん妄予防、認知症看護、摂食嚥下への支援
    ★ポジショニングや褥瘡ケア

  4. チーム医療として多職種との連携が学べる

  5. 実践した看護の振り返りを行い、自分の看護観を明確にすることができる
    ★日々のカンファレンスやチームで事例検討を行い、看護の意味づけとやりがいにつなげる

外来

外来外来では曜日によって変わりますが、8つの科が受診できます。点滴や採血などは中央処置室で行い、各科で特徴のある検査や処置は1階と2階の診察室に併設した処置室でも行っています。
2019年度には訪問診療も再開しました。当院では、病状が落ち着いており、定期受診に家族の介助が必要であるなど単独では来院しにくい患者さんに、定期的に医師と看護師が訪問することによって、治療が継続できるよう支援しています。特に老老介護や移送が困難な寝たきりの患者さんを介護しているご家族には喜んでいただいています。
2020年はコロナウイルスにより、受診や検査に不安を感じられた方も多いと思います。検査や受診の予約の変更についての相談も、受け付けスタッフや看護師がお話をさせていただき不安の軽減に繋がればと考えて対応させて頂いています。お気軽にご相談ください。

中材・手術室

手術室当院の手術室は2階に位置し、眼科、外科、整形外科、耳鼻科の4診療科で、年間約900件の手術を担当しています。術式に応じた必要なスキルや知識を習得しつつ、術前・術後訪問を通して、患者さんが安心・安全に手術が受けられることを日々の目標としております。
また、中央材料室を兼ねており、院内で使用する医療器材の確実な洗浄・滅菌を実施し、安全な医療器材の提供を行っています。
手術室は怖いというイメージがありますが、マスクの下には笑顔いっぱいで、優しく元気なスタッフが働いております。

3F病棟(外科・整形外科)

3階病棟3階は急性期病棟、多科混合病棟です。
消化器系、各種骨折、白内障、耳鼻科疾患等各科の手術前後、椎体骨折等の治療回復過程を、患者さまの思いを大切にしながら入院生活が安心して過ごせるよう他職種でサポートしています。
看護師23名、看護補助者6名で、笑顔と思いやり、向上心をもって日々よりよい療養環境と看護が提供できるよう頑張っています。

4F病棟(内科)

4階病棟4階病棟は、消化器内科を中心とした急性期の病棟です。上下部内視鏡などの検査・処置を主に行っています。高齢の入院患者さんも多く、摂食障害・認知機能障害・呼吸不全などに対して個別性に応じたケアが行えるようカンファレンスを行いながら取り組んでいます。また、緩和ケア・認知症ケアに関して専門スタッフを中心に院内ケアチームと協働しより良いケア提供を目指して取り組んでいます。

5F病棟(内科・眼科)

5階病棟5階病棟は、2019年5月より地域包括ケア病棟25床から50床となりました。院内の患者様をはじめ、他院からも自宅療養に向けて調整の必要な患者様の受け入れを行っています。患者様に安心して退院して頂けるよう在宅復帰支援計画に基づき、主治医を始め他職種と連携をはかり、効率的に患者様のリハビリテーションや在宅復帰に向けた相談や準備を行っています。また、病棟では土日祝日には病棟看護師によるレクリエーションを開催し転倒予防や、生活リズムが整うよう援助しています。

チーム医療で活躍する看護師


認知症看護認定看護師の佐崎美衣子です

呉は全国でも高齢化率の高い地域です。入院患者さんは、高齢者が多くそれに伴い認知機能の低下した方もおられます。入院により日常生活とは異なる環境の中で多くのストレスを抱えた患者さんの“その人らしさ”を大切にしたケアの提供が出来るよう、各病棟スタッフと共にカンファレンスを行っています。また、認知症サポートチームで各病棟ラウンドを行い、認知症の方が安心して療養できるよう多職種で意見を出し合い取り組んでいます。

トピックス

令和元年度ふれあい看護体験

~今年も高校生を対象に「ふれあい看護体験」を行いました~

 

 

 

 

令和元年8月8日(水)、当院にて高校生を対象に、ふれあい看護体験を行いました。
白衣を着た学生たちは目をきらきら輝かせ、担当看護師の話を一生懸命聞いていました。看護技術の体験では、聴診器を使用した血圧測定、心肺蘇生技術用の人形を用いてのシュミレーション、包帯での処置などを行いました。初めてのことばかりで緊張した様子でしたが、実際にできた時にはみなさん笑顔がみられました。
 院内見学では、普段中々見る事ができない救急室や手術室など、興味深く見学されていました。 病棟での看護体験では、実際に入院されている患者さんへの手浴・足浴を看護師と共に行いました。普段高齢者の方と接する機会が少ないという学生は、緊張しながらも一生懸命患者さんに手浴を行い、終わったあとに「ありがとう!気持ち良かった!一生懸命な学生さん見たら元気になったよ!」という言葉をかけてもらっていました。この体験から、「ありがとうの言葉が嬉しかった」「コミュニケーション能力が大切だと思った」「大学のオープンキャンパスでは知る事ができないことばかりだった」などの意見が聞かれました。  
様々な体験を通し、改めて看護師になりたいと思った学生が多く、有意義な時間となりました。
参加してくださった学生のみなさん、ありがとうございました。

 


 

 

働くためのサポート体制

休日・休暇

  • 4週8休休暇制度(年間休日は約130日)
  • 夏季休暇(4日)
  • 年末年始休暇(6日)
  • 年次有給(初年度10日付与)
  • 育児休業 介護休業 各種特別休暇(結婚、忌引き、産前産後休暇、子の看護休暇など)

勤務

  • 日勤 8:30~17:15
  • 準夜 16:15~1:00
  • 深夜  0:15~9:00
  • 二交替16:15~9:00

その他の福利厚生

永年勤続表彰制度
  • 10年・20年・30年は済生会会長表彰 →済生会学会総会へ出席
  • 15年・25年・35年は広島県済生会会長表彰 →リフレッシュ休暇5日間と旅行券

院内保育室について

利用対象者

済生会呉地区施設に雇用される職員が養育する生後2か月から6歳(就業前まで)の乳幼児

宿舎

1DKマンション(自己負担17,000円)

PAGE TOP